予備回線のSIMはHISモバイルのデータ通信SIMの1GBの440円でいい

  • URLをコピーしました!

予備回線のSIMは電話番号があったほうがいいという人もいます。

けどルーターに差して使うので、どちにしても電話番号は使いません。

日本通信にすれば容量の設定を変更するだけで、容量を追加購入しなくて済むんです。

けどデビットカードが使えそうになかったのでHISモバイルにしました。

HISモバイルはデビットカードが使えるんです。

日本通信もHISモバイルも支払い方法はクレジットカードのみとあります。

目次

HISモバイル

HISモバイルは料金が安いけど残った容量を翌月に繰り越せません

意外と不便なのが、容量を使い切ってゼロにしないと追加購入できないことです。

日本通信なら上限設定を上げることで容量を追加購入したのと同じことになるんです。

でもデビットカードが使えないんじゃないかと申し込みませんでした。

HISモバイルを申し込む画面に「デビットカードは使えない」と赤色で表示されました。

けど以前契約できてたので、デビットカードで申し込みました。

副回線は1GB

auやソフトバンク、ドコモでは副回線が契約できます。

障害が発生したときに、別の回線を使えるサービスです。

この副回線は1GBなんです。

つまり予備回線は1GBもあればいいことになります。

まとめ

日本通信なら上限設定を変更するだけで、容量を追加購入したのと同じになります。

これは便利ですが、予備回線なら1GBで十分みたいです。

1GBでいいなら、HISモバイルで容量を追加購入することはないかもしれません。


目次