【おすすめ】ジャパネットのスマホを格安SIMのLINEMOで使う

  • URLをコピーしました!

2年前までジャパネットのスマホを使ってました。

いまは契約を更新できますが、当時はジャパネットのスマホは契約更新できませんでした。

ジャパネットのスマホを新規に契約してから、元の契約を解約しました。

いまはLINEMOでジャパネットのスマホを使ってます。

同じソフトバンク回線なのでSIMロックのままで使えます。

目次

LINEMOはAIが審査してる

ジャパネットのスマホを契約中に追加して契約したのに、ワイモバイルから審査の電話がありました。

なんで?という気持ちがあって、いくつかの回答を拒否しましたが契約できました。

だったら聞くなよ! とかえって不信感がわいてしまいました。

LINEMOの審査はAIといわれています。

AIなので深夜や早朝に審査が通ったという人がいます。

おそらくLINEMOがAI審査なのは、経費削減なんでしょう。

けど電気や水道と同じライフラインのスマホの契約を一企業の判断で審査落ちさせていいもの?

という疑問が少なくないからだと思ってます。

ワイモバイルの審査を改善してLINEMOをAI審査にすることになったんでしょう。

ソフトバンクのサブブランド

ジャパネットのスマホはワイモバイルです。

LINEMOはオンライン専用でハードルが高いけど、ワイモバイルと同じソフトバンクのサブブランドです。

ワイモバイルもLINEMOもソフトバンクのサブブランドだから、昼の12時台でも遅くなりません。

こんな田舎でも、気がつくとドコモよりソフトバンクのほうが電波がいいんです。

サブ回線はpovo

サブ回線はauのサブブランドのpovoです。

何度やっても本人確認できなかったんです。

けどブラウザをChromeに戻したら、簡単に申し込めました。

Chromeのままだとヤフーニュースを見るとき広告が邪魔なんですけど、

アプリでpovoを申込むけど、デフォルト設定のブラウザで開くんです。

AndroidのスマホではChromeが間違いないですが、スマホでは拡張機能が使えません。

まとめ

ジャパネットのスマホを使ってたのは電話で申し込めるのでハードルが低いからです。

LINEMOはAI審査なので延滞がなければまず審査落ちすることはありません。

オンライン専用はハードルが高いけど、安いのに速度が早いのでおすすめです。

大手3社のオンライン専用のサブブランドはソフトバンクのLINEMO、auのpovo、ドコモのahamoです。


目次